現引き

現引き(げんびき)とは、信用取引の決済方法のひとつで、買い建てた株式を、売り決済をせずに自分の手元にある現金で決済し、現物株で引き取ることをいいます。「品受け(しなうけ)」とも呼ばれています。反対に、信用取引で売り建てた株式を、買い決済をせずに、もともと保有していた同銘柄の株式や、他の方法で取得した同銘柄の株式を差し入れる決済方法を「現渡し(げんわたし)」といいます。